相続財産に含まれる財産的価値が高い物は具体的に何なのか

 

配偶者や親が亡くなった際にしなければいけない事は色々ありますが、その中で厄介なのが遺産整理です。
日本の法律では、故人の財産は相続人が受け継ぐことが、義務づけられています。
遺産には、保険金や借金のように、はっきりした金額が分かる遺産と、美術品や骨董品にも、財産価値が付き、対象となります。
具体的には、有名な絵画や骨董品などを指します。このような遺産はお金に換えられることから、相続財産に含まれます。
同時に、相続財産に含まれるということは、相続税が課税されるということです。
しかし相続税は、最低でも6000万円以上の相続財産がなければ支払う必要はありません。
数十万円程度のものであれば、相続人が複数人なら、通常は分け合うことになります。そして、この場合には、家財という扱いになります。
しかし、美術品や骨董品は、その価値を見極めるのはとても難しく、平等に配分しなければいけない可能性もある為、鑑定士に依頼する必要があります。
専門の鑑定士には、当然それなりの鑑定料というものが必要になります。
むしろ鑑定費用の方が高かったというケースも少なくはありません。また、後になって相続争いが起こる可能性もあることから、生前から鑑定をしてもらっておくのが望ましいでしょう。

 

コメントは受け付けていません。